中絶薬について|埼玉県の大宮駅前婦人科クリニック|妊娠初期・副作用・通販は危険

中絶薬の危険性

Abortifacient

日本では未承認の中絶薬とは

西欧諸国やアメリカでは、妊娠7週までの妊娠初期の中絶に、経口妊娠中絶薬が使用されます。医師による診察・処方が必要で、入院して経過を観察しながら使用する薬です。日本では中絶薬が承認されていないため、個人輸入の通販などで購入される方がいらっしゃいますが、そもそも医師の診察や処方が必要な薬のため、自己判断での使用は大変危険ですし、場合によっては堕胎罪に問われる可能性もあります。まずは、中絶薬についてくわしくお伝えしていきます。

中絶薬の働き

中絶薬を服用することで、妊娠を維持するために必要な「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンの働きを抑制します。続けて、最初の薬剤を服用してから2〜3日後に、子宮を収縮させる作用のある薬を用いて、子宮内容物を排出させます。子宮内容物を全て排出できなかった場合は、人工妊娠中絶手術が必要になることがあります。

中絶薬の失敗率について

中絶薬の失敗率について

中絶薬の失敗率は、およそ5〜8%と言われており、人工妊娠中絶手術よりも高い確率だと考えられています。中絶薬は、薬を服用するだけで簡単に中絶ができると思われがちですが、そうではありません。中絶薬は、本来入院して医師の観察のもと使用されるべきもので、大量出血や感染のリスクの他にも、異所性妊娠の場合は、卵管破裂などの可能性があり、リスクを伴います。また、自己判断で中絶薬を服用し、救急搬送されたとしても、適切な処置をスムーズに受けられない可能性もあります。

中絶薬は、人工妊娠中絶手術に比べて費用も安く、入手方法も比較的簡単なため、使用したいと思われる方が多いと思いますが、簡単に中絶ができるわけではありません。最悪の場合、大量性器出血が原因で意識を失い、命を落とす危険性もあります。失敗率や危険率性をしっかりと理解し、自己判断で中絶薬を購入することは絶対に避けましょう

中絶薬の副作用

副作用一覧
  • ・頭痛
  • ・腹痛、下痢
  • ・吐き気
  • ・出血
  • ・発熱、悪寒
  • ・めまい
  • ・感染

中絶薬の服用後、ほとんどの場合2週間程度は激しい腹痛・出血が生じます。また、膣からの大量の出血や子宮内感染が生じた際には、手術が必要になったり、最悪子宮を摘出することもあります。

中絶薬のリスクと危険性について

中絶薬を使用することによるリスクと危険性についてお伝えします。

大量出血や感染をおこす可能性がある

中絶薬には、大量出血や感染のリスクがあります。大量出血が原因で意識を失ってしまい、命を落とす危険性もあるため、自己判断での服用は絶対にやめましょう。

通販での購入は危険

中絶薬は、失敗率の高さや大量出血の危険性などから、日本では使用が認められていません。そのため、ドラッグストアなどの市販では購入できず、病院で処方されることもありません。また「刑法」によって、自分のお腹の中にいる胎児であっても、一般の人が堕胎することは、自己堕胎罪と呼ばれる罪にあたり、法律で禁止されています。そのため、自分自身で中絶を行う、中絶薬の使用は認められていません。さらに、中絶薬自体が日本では未承認の薬のため、たとえ母体保護法指定医の指導があったとしても、中絶薬を使用することは禁止されています。厚生労働省より、下記の中絶薬に関して注意喚起がされているため、ご確認ください。

  • 一般名:ミフェプリストン MIFEPRISTONE
  • 商品名:ミフェプレックス MIFEPREX・RU486(開発時名称)
  • ※ヨーロッパ諸国ではミフェジン:MIFEGYNE、中国では息隠:米非司酉同片(酉と同で一文字)、台湾では保諾:Apanoの商品名で販売されています。

個人輸入のウェブサイトなどでは、これらの中絶薬が販売されていることがありますが、決して自己判断で購入・使用しないようにしてください。また、個人輸入の通販の場合は、偽物の中絶薬を販売している可能性もあり、健康被害に繋がる恐れもあるため、中絶を考えられている方は、母体保護指定医による人工妊娠中絶手術を受けることを、強くおすすめします。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:30~19:30 ※最終窓口受付 19:00

妊娠したかもと思ったら
すぐにクリニックへ

妊娠したかもと思ったらすぐにクリニックへ

中絶薬は妊娠7週までしか使えず、失敗率が高く、大量出血や感染による子宮摘出や命の危険性もあるため、絶対に自己判断での使用はやめましょう

  • ・病院に行かなくても堕ろすことができるから
  • ・手術よりも値段が安いから
  • ・親にバレることなく中絶ができるから

このような理由で、中絶薬の購入を迷われている方もいらっしゃると思います。しかし、中絶薬の失敗率の高さや、命を落とす危険性などを考慮すると、中絶薬の使用には大きなリスクが伴います。また、万が一中絶薬を使用し、大量出血が起こったとしても、適切な処置をスムーズに受けられない可能性があります。手軽に使用できると思われがちな中絶薬ですが、確実に中絶できる保証はありません。そのため、妊娠したかもしれないと思ったら、すぐに婦人科を受診しましょう。

予期しない妊娠に悩む方に寄り添います

大宮駅前婦人科クリニックは、他の患者様に診察内容を知られることがないよう、プライバシーを遵守した環境作りを心がけております。また、妊娠に至った経緯など、余計な詮索などはしません。もちろん、叱責することもないため、安心してご相談ください。

予期しない妊娠の場合、誰にも相談できず、不安を感じながらお過ごしのことと思いますが、いつまでもお一人で悩んでしまうと、中絶手術を受けられる期間を過ぎてしまう可能性があります。そのため、妊娠に気づかれましたら、できるだけ早く当クリニックまでご相談にいらしてください。患者様のお悩みに親身に寄り添い、サポートをさせていただきます。

News

お知らせ

  • 2021/02/25

    子宮頸がんワクチン9価のお取扱いございます。

  • 2021/01/19

    2/10は臨時休診日、2/25は診療日となります。

  • 2021/01/15

    休診日も電話予約・お問合せを承ります。