最短でいつから?妊娠検査薬

Pregnancytest

妊娠検査薬とは?
使用時期・使い方・注意点

妊娠検査薬とは?

妊娠検査薬は、妊娠しているかを手軽に判定できる試薬のことです。尿に含まれている、妊娠ホルモン(hCG)の濃度を測定することで、妊娠しているかを判断します。この妊娠ホルモンは、女性の身体にしか存在しておらず、子宮内膜に受精卵が着床することで分泌されます。

「予定日を過ぎたのに生理が来ない」「悪阻(つわり)に似た症状がある」「微量な出血がある(着床出血)」など、妊娠のサインが現れている場合や、妊娠したかもと思ったら、妊娠検査薬を使用するようにしましょう。

いつから使える?
妊娠検査薬の使用時期

妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用可能です。これは、妊娠4週目頃から、妊娠検査薬で感知可能な量(一般的に50mlU/mL)の妊娠ホルモンが分泌されるからです。

最短で検査がしたいという場合には「早期妊娠検査薬」と呼ばれる、妊娠ホルモン濃度が25mlU/mLでも反応するタイプの検査薬を使用できます。早期妊娠検査薬は、生理予定日から検査ができると言われています。

ただし、妊娠ホルモンの分泌される量には個人差があるため、妊娠検査薬を使用して陽性だった場合には、婦人科で正常に妊娠していることを確認するようにしましょう。

診察のご予約はこちら

診療時間 10:30~19:30 ※最終窓口受付 19:00

妊娠検査薬の正しい使い方

妊娠検査薬の正しい使い方

妊娠検査薬は、先端部分に尿をかけることで、判定窓に結果が表示されます。ほとんどの妊娠検査薬では、判定部分と終了部分の両方に線が表示される場合「陽性(妊娠している)」となります。判定部分が表示されず、終了部分に線が表示される場合は「陰性(妊娠していない)」です。

ただし、妊娠検査薬によって、判定窓に表示される方法が異なる可能性があるため、使用方法を確認の上お使いください。また、ごく稀にですが、終了部分に線が入らない、反応がない、判定窓に薄い線がつくなどといったことがあります。このような場合には、再検査をしてください。

妊娠検査薬の確率・精度について

妊娠検査薬は、正しい時期に正しく使用することで、99%の精度だと言われています。ただし、妊娠検査薬で陽性が出たとしても、正常妊娠しているとは限りません

正常妊娠以外で陽性が出る場合
  • ・子宮外妊娠(異所性妊娠)
  • ・胞状奇胎
  • ・直近で排卵誘発剤(hCG)を使用
  • ・閉経期
  • ・hCG産生腫瘍

妊娠検査薬で陽性が出たら、正常妊娠かを確認するためにも、できるだけ早く婦人科やレディースクリニックを受診しましょう。

妊娠検査薬の
注意点と誤判定の可能性

妊娠検査薬の注意点と誤判定の可能性
  • ・正しい使用時期よりも早く検査を行うと、本当は陽性であっても陰性が出てしまう可能性があります。これを「フライング検査」と呼び、正しい結果が出ない場合があるため、使用時期は必ず守るようにしてください。
  • ・妊娠検査薬は、使用するタイミングが早すぎる場合や、大量に飲み物を飲むことで尿が薄くなっている場合は、妊娠していても陰性が出ることがあります。
  • ・不妊治療では、妊娠ホルモン(hCG)を含む排卵誘発剤を使用することがあります。この排卵誘発剤を投与されている場合、妊娠していなくても陽性が出る可能性があるため、婦人科やレディースクリニックで確認するようにしてください。
  • ・妊娠検査薬で陰性が出たにも関わらず、生理がこないときには、妊娠検査薬を正しく使えておらず、実際には妊娠しているという場合があります。また、生理不順により生理が遅れていることも考えられます。どちらの場合であっても、一度婦人科またはレディースクリニックを受診しましょう。
  • ・双子などの多胎児を妊娠中の場合は、妊娠ホルモン(hCG)の分泌量が多量になり、時として妊娠検査薬が陰性を表示する可能性があるため、陰性だった場合でも、違和感を覚える場合には、速やかにクリニックを受診してください。

妊娠検査薬のよくあるご質問

生理予定日に検査したら陽性でした。妊娠していますか?
A.妊娠検査薬で陽性反応が出たのであれば、妊娠している可能性は高いです。ただし、正常妊娠かどうかは、妊娠検査薬ではわかりません。妊娠の「確定診断」のためには、婦人科を受診してください。
最短でいつから妊娠検査薬を使用してもいいですか?
A.通常妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用できます。それ以前だと、検査結果を左右する妊娠ホルモン(hCG)が十分に分泌されていないため、正しい結果を出すことができずにフライング検査になります。早く検査したい気持ちもわかりますが、検査ができる時期まで待ちましょう。どうしても早く検査をしたいという方は、生理予定日から使える「早期妊娠検査薬」をおすすめします。
妊娠検査薬には誤判定の可能性はありますか?
A.妊娠検査薬は、正しい時期に正しい使用方法を守ることで、99%の精度があると言われています。ただし、ストレスやホルモンバランスの乱れなどで、妊娠していなくても、検査結果に関わる妊娠ホルモンが微量に分泌されている可能性があります。この妊娠ホルモンに反応し、ごく稀にですが「偽陽性」を示す場合があります。そのため、妊娠検査薬で陽性が出た場合には、クリニックを受診し、妊娠しているかを確定させてください。
判定時間をしばらく経過してからうっすらとした線が現れました。妊娠していますか?
A.判定時間をしばらく経過し、うっすらとした線が判定窓に現れた場合は「蒸発線」の可能性が考えられます。蒸発線は、尿の水分が蒸発して濃度が上がることで、尿中の成分が残り、薄いグレーの線として現れます。陽性反応とは異なるため、注意しましょう。また、感度ぎりぎりの値だと、少し時間が経過してから陽性に出ることもあります。いずれも日を改めて再検査をおすすめします。
妊娠検査薬(判定窓)にうっすらと線が出たときは妊娠していますか?
A.妊娠検査薬で線が出る場合は、妊娠している可能性が高いです。ただし、線が薄い場合は、時期が早すぎるか、正しく使用できておらず、エラーになっていることがあります。このような場合には、再検査されることをおすすめします。
妊娠検査薬の値段はいくらですか?
A.妊娠検査薬は、500〜1,000円程度のものが多いです。ドラッグストアや通販などで購入できます。妊娠したかもと思ったら、まずは市販の妊娠検査薬を使用し、陽性が出たらクリニックを受診しましょう。

News

お知らせ

  • 2021/10/01

    11月11日は臨時休診いたします。

  • 2021/09/27

    10月2日・3日は、中絶手術を承っておりません。

  • 2021/02/25

    子宮頸がんワクチン9価のお取扱いございます。

  • 2021/01/15

    休診日も電話予約・お問合せを承ります。