使用する麻酔

Anesthesia

使用する麻酔について

当クリニックでは、患者様の痛みに対する不安を和らげるため、検査や手術の際に麻酔を使用しています。医師が患者様お一人おひとりの症状・ご要望に適した麻酔を選び、患者様が施術中リラックスできるよう、最大限の配慮をしています。麻酔に関する不明点や疑問点などがある場合は、事前にくわしくご説明するため、当クリニックのスタッフまでお尋ねください。

麻酔による効果とは

麻酔による効果とは

麻酔を使用することで、痛みなどの身体の感覚を失わせることができるため、治療を円滑に進めることができます。婦人科の検査や治療においても、強い痛みが生じるケースがあり、そのまま治療を継続することは困難です。そのため、痛みを伴う治療を行う場合には、麻酔を使用することがあります。

麻酔にはいくつか種類があり、それぞれ特徴や適した使用場面が異なります。例えば、局所麻酔は一部分の痛みを和らげる効果があり、静脈麻酔は眠らせる・筋肉を弛緩させる効果があります。そのため、患者様お一人おひとりの治療内容にあわせて麻酔薬を選択することが重要です。当クリニックでは、安全性を重視し、産婦人科専門医が麻酔を行うためご安心ください。

麻酔の種類

当クリニックでは、主に局所麻酔・静脈麻酔を使用しています。それぞれの特徴は下記の通りです。

局所麻酔 局所麻酔は、基本的に検査などの組織採取や、傷口の縫合に用いられます。膣内・皮膚・口腔内などの一部に注射することで、その部位のみ痛みや感覚が無くなります。注射する際にチクっとした痛みを感じる程度で、検査や簡単な手術を受けることが可能になります。局所麻酔に使用される麻酔薬は、作用する時間が比較的短いため、長期間の手術には適していないというデメリットがあります。また、広範囲には使用できず、中毒性があるため投与量も限られています
静脈麻酔 静脈麻酔は、眠らせることを主体とした麻酔です。静脈内に点滴で麻酔薬と鎮痛薬を注入するため、静脈麻酔と呼ばれます。麻酔薬を注入すると、ほとんど眠った状態になるため、痛みを感じず、記憶にも残らないまま、手術を受けることが可能です。静脈麻酔は、基本的に人工妊娠中絶手術で用いられますが、外科手術や内視鏡検査を行う場合にも使用されます。また、静脈麻酔を使用する場合、4時間前から絶食、2時間前から飲水禁止となります。なお、静脈麻酔で点滴を刺す際の痛みがご心配な方には、事前に麻酔テープを貼ることもできますので、ご希望の方はお申し出ください。

News

お知らせ

  • 2021/10/01

    11月11日は臨時休診いたします。

  • 2021/09/27

    10月2日・3日は、中絶手術を承っておりません。

  • 2021/02/25

    子宮頸がんワクチン9価のお取扱いございます。

  • 2021/01/15

    休診日も電話予約・お問合せを承ります。