性器ヘルペス | 大宮駅前婦人科クリニック【公式】

性器ヘルペス

Herpes

性器ヘルペスとは

単純ヘルペスウイルスⅠ型またはⅡ型に感染することで発症するのが、性器ヘルペスです。感染経路は主に、潰瘍などの症状が現れている皮膚または粘膜との接触となります。性器ヘルペスは、症状が出ていないときでも、ウイルスが皮膚や粘膜に出ていることがあるため、知らぬ間にパートナーに感染させてしまう可能性があります。また、口唇ヘルペスがオーラルセックスによって性器に移ることもあります。

性器ヘルペスは、治ったとしても再発を繰り返すことが多く、一度感染するとウイルスを完全に排除することができません。しかし、完治することはありませんが、再発を抑制する薬はあります。また温泉やお風呂のお湯などから感染することはなく、外陰部に皮膚炎が生じている場合や、アトピー性皮膚炎を患っている方は、感染率が高いと言われています。

性器ヘルペスの症状

主な性器ヘルペスの症状をご説明します。これらの症状に当てはまったら、なるべく早くクリニックを受診しましょう。

女性の性器ヘルペスの症状

女性の性器ヘルペスの症状

女性特有の性器ヘルペスの症状は下記の通りです。

・強い痛みがあり排尿が困難になる
・水ぶくれまたは潰瘍が生じる
・太もものリンパ節の痛み、腫れ
・発熱
・性器の周辺に激しい痛みを感じる

上記のような症状は、初めて性器ヘルペスに感染した場合(初感染時)に見られます。主な症状は、腟の入り口・外陰部・おしりなどに生じます。性器ヘルペスの潜伏期間は、感染機会となる性交渉より2日〜10日ほどです。また、性器ヘルペスは感染しても無症状のことがあります。セックス・ストレス・過労などが原因となり、性器ヘルペス発症から1年以内に80%ほどの人が再発を経験すると言われています。しかし、再発時の症状は初感染時よりも軽く、治療期間も短いです。また、性器ヘルペス再発の前兆としては、太もも周辺の神経痛や、腟入り口付近の違和感などが挙げられます。妊娠中に性器ヘルペスを発症した場合や、妊婦さんで性器ヘルペスに感染している場合は、出産時の母子感染が懸念されるため、必ず担当医に申し出てください。

男性の性器ヘルペスの症状

男性の性器ヘルペスの症状

男性特有の性器ヘルペスの症状は下記の通りです。

・潰瘍
・赤くて1〜2mm程度の大きさのブツブツや水ぶくれ
・患部表面のヒリヒリ感またはむずがゆさ
・発熱や患部の痛み
・太もものリンパ節の痛み、腫れ

男性が性器ヘルペスを発症した場合、症状は陰茎体部に出ることが多いですが、おしり・肛門周辺・太もも・直腸粘膜などにも症状が現れる場合があります。※当クリニックでは、男性の患者様への性器ヘルペス検査は承っておりません。上記のような症状に当てはまる場合は、お近くの性病科や泌尿器科を受診してください。

男女共通の性器ヘルペスの症状

男女共通の性器ヘルペスの症状として、喉の違和感などがあります。これは、オーラルセックスによって、性器ヘルペスが喉に感染することで生じます。初感染時の症状は下記の通りです。

・のどに強い痛みがある
・扁桃が腫れる
・つばを飲み込む時に痛みを感じる
・高熱、摂食障害、白い膿
・首のリンパ節が腫れる

また、ヘルペス再発時には、のどの痛みやヒリヒリするなどの症状が現れます。

診察のご予約はこちら

診療時間 10:30~19:30 ※最終窓口受付 19:00

性器ヘルペスの治療方法

性器ヘルペスの治療には、内服薬を使用します。基本的に5〜10日程度薬を内服していただきますが、軽度であれば軟膏の塗布、重度であれば入院して点滴治療が必要になる場合もあります。治療せずに放置していても、性器ヘルペスは自然治癒しますが、症状が治るまでに2〜4週間程度かかるため、症状が見られる場合には、クリニックを受診し治療を受けるほうが良いでしょう。

性器ヘルペスは内服薬・塗り薬・点滴などで病変部位の治療はできますが、ウイルスが神経節に潜伏するため、完治することはありません。再発を抑える薬などを使用し、上手に付き合っていくことが大切です。

性器ヘルペスの
検査方法・費用

単純ヘルペス検査
(自費診療の場合)
4,000円(税抜)

ウイルス感染細胞を病変部位から綿棒で採取し、性器ヘルペス検査を行います。男女ともに同じ検査方法です。性器ヘルペスの症状が出ており、ウイルス検出が可能であれば、検査することができます。

性器ヘルペスのよくあるご質問

性器ヘルペスは何科の病院に行けば良いですか?
A.女性であれば、皮膚科・婦人科(産婦人科)・性病科で性器ヘルペスの治療が受けられます。男性の場合は、皮膚科・泌尿器科・性病科で治療可能です。また、口腔感染であれば、皮膚科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。女性の方は、当クリニックでも検査することが可能ですので、お気軽にご相談ください。
性器ヘルペスの治療は市販薬でできますか?
A.市販薬では、性器ヘルペスの治療はできません。性器ヘルペスの症状が見られる場合には、クリニックで適切な治療を受けましょう。
性器ヘルペスは性交渉以外で感染するのですか?
A.ほとんどの場合、性器ヘルペスは性交渉で感染します。しかし、オーラルセックスが原因で、口唇ヘルペスが性器に感染する可能性もあります。そのため、口の周りにヘルペスが生じている場合は、性交渉を控えてください。
性器ヘルペス発症中はセックスできますか?
A.性交渉によって性器ヘルペスは感染するため、水疱や潰瘍が見られたり、痛みが残っている場合は性交渉を控えましょう。
性器ヘルペスはコンドームの使用で予防できますか?
A.コンドームの使用はある程度性器ヘルペスの予防に役立ちますが、外陰部に感染しやすいヘルペスウイルスなので、陰茎以外の部分で接触してしまうことが十分あり得ます。ですので、少なくとも病変が出ている際には、セックス・オーラルセックスなどの性交渉は避けてください。

News

お知らせ

  • 2021/02/25

    子宮頸がんワクチン9価のお取扱いございます。

  • 2021/01/19

    2/10は臨時休診日、2/25は診療日となります。

  • 2021/01/15

    休診日も電話予約・お問合せを承ります。