緊急避妊薬・アフターピル|効果と副作用・仕組み・消退出血について【公式】埼玉県にある大宮駅前婦人科クリニック

緊急避妊薬・アフターピル

Contraception

アフターピルの効果と副作用

「避妊に失敗してしまった・・・」
どれだけ避妊に注意していても、コンドームが破れたり、低用量ピルを飲み忘れたりすることで、避妊に失敗してしまう可能性はあります。このように、避妊に失敗した可能性がある場合に用いられるのが、アフターピル(緊急避妊薬)です。

アフターピルは、妊娠する可能性のある性交渉の後に服用することで、妊娠確率を大幅に減少させる効果が期待できます。避妊の失敗は誰にでも起こりうる事態のため、落ち着いてクリニックを受診し、正しくアフターピルを服用するようにしましょう。

アフターピルの効果と仕組み

まずは、アフターピルで避妊ができる仕組みや、効果についてくわしくご説明いたします。アフターピルについて知識を持っておくことで、避妊に失敗したときなど、万が一の場合にも落ち着いて対応することが可能です。また、避妊に失敗したことがわかったら、早急にクリニックを受診することが最も重要になります。その点もふまえて、アフターピルについての知識を正しく理解しておきましょう。

不安な性行為から24時間以内に服用すると
80%〜95%程の避妊効果がある

アフターピルの避妊効果は、性交渉の24時間以内に服用することで、80%〜95%と言われています。妊娠は「排卵・受精・受精卵の着床」によって成立しますが、アフターピルには、排卵の抑制もしくは排卵を遅らせる働きがあります。また、受精や受精卵の着床を阻害する働きもあると言われています。

このような働きは、アフターピルによって排卵後と同じ体内環境を作り出すことで生じます。排卵後と同じ体内環境では、卵子が発育せず、排卵が抑制されます。また、受精卵が子宮へ着床することを阻害するなどの効果や、子宮内に精子が侵入しないようにする働きもあるため、妊娠を防止できる可能性があると言われています。

避妊の成功率は時間の経過と共に下がる

アフターピルは、高い避妊効果がありますが、性交渉から時間が経つとともに、避妊効果が下がります。日本で一般的に用いられているレボノルゲストレルの場合、性交渉後の時間の経過と、避妊効果の違いは下記の通りです。

・24時間以内 95%
・72時間以内 85%

アフターピルは、性交渉後の服用タイミングが遅れると、避妊の成功率が徐々に下がっていきます。そのため、避妊に失敗したと気づいたら、早急にクリニックを受診してください。避妊を成功させるためには、妊娠の可能性がある性交渉後に、なるべく早くアフターピルを服用することが重要です。
大宮駅前婦人科クリニックは、土日や夜間(19:30まで)でも院内でアフターピルを処方できますので、ぜひご利用ください。

2種類のアフターピル

アフターピルの種類は2つです。現在は簡便なレボノルゲストレル(ノルレボ)が主流ですが、それまで日本ではヤッペ法と呼ばれるアフターピルが主流でした。それぞれのアフターピルの特徴について、くわしくご説明いたします。

レボノルゲストレル 現在、一般的に用いられているのが黄体ホルモン「レボノルゲストレル(LNG)」です。受精卵を作らせない働きと、受精卵が子宮内に着床するのを妨げることによって、避妊を行います。妊娠の可能性がある性交渉から、24時間以内に服用することで、より理想的な避妊効果が期待できます。しかし、性交渉から48~72時間以内の服用であっても、約半数の避妊効果が期待できるため、性交渉から時間が経ってしまったとしても、なるべく早くクリニックを受診し、アフターピルを服用するようにしてください。
ヤッペ法 ノルレボが承認されるより前に、日本で一般的に用いられてきたのが「ヤッペ法」と呼ばれるアフターピルです。ヤッペ法では、性交渉から72時間以内に、中用量ピルを2錠服用します。その後12時間経ってから、さらに2錠追加して服用します。そうすることで、子宮内膜の状態を変化させ、排卵を抑制します。ヤッペ法は、全体的な妊娠率は24時間以内であれば3%といわれていますが、性交渉が排卵日の場合に妊娠率が倍になってしまうことや、吐き気や嘔吐などの副作用が非常に強く出るといったデメリットがあるため、現在では使用されることはほとんどありません。当クリニックでもヤッペ法を用いた緊急避妊は行わず、レボノルゲストレルを採用しております。

アフターピルの副作用

アフターピルの主な副作用には、下記のような症状が挙げられます。

副作用

頭痛・吐き気・嘔吐・不正子宮出血

これらの副作用の頻度は、かつてのヤッペ法に比べてレボノルゲストレルではかなり少ない傾向にあります。副作用の中でも、吐き気や嘔吐は比較的多くの患者様に見られます。個人差がありますが、ほとんどの場合、副作用は1日以内におさまるためご安心ください。

アフターピルの費用

レボノルゲストレル 11,000円
ウリプリスタール 13,200円

当クリニックでは、2種類のアフターピルを取り扱っております。上記の費用は診察料込み・税込み価格です。また、アフターピルは保険適用されないため、全額自己負担(自費診療)となります。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:30~19:30 ※最終窓口受付 19:00

アフターピルの飲み方

服用のメリット

アフターピルは、妊娠する可能性のある性交渉から、遅くとも72時間以内に1錠服用します。アフターピルは、性交渉から時間が経過するほど避妊効果が下がっていくため、24時間以内に服用することが望ましいでしょう。そのためには、避妊に失敗したことがわかったら、早急にクリニックを受診することが重要です。万が一72時間を超えてしまっても、120時間以内であれば、海外製のアフターピルで対処できる可能性があります。あきらめずにクリニックへご相談ください。しかし、繰り返しになりますが、アフターピルを服用しても、100%妊娠を回避できるわけではありませんので、日ごろからコンドームの使用や低用量ピルの服用など、他の方法で避妊をするように心がけましょう。なお、妊娠を回避できなかったとしても、胎児に異常が生じる、異常妊娠が増えるなどは、これまで報告されていません。

アフターピル服用の際の
注意点・禁忌

アフターピルを服用する際の、注意点や禁忌などについてご説明します

・「アフターピルがある=避妊しなくても良い」ということではありません。アフターピルを服用しても、100%避妊できるわけではなく、あくまで「避妊の失敗があった際の最終手段」として、アフターピルがあることを認識しておきましょう。そのため、普段の性交渉では、コンドームの使用や低用量ピルを服用するなどして、避妊をしてください。

・アフターピルには、妊娠を阻害する働きはありますが、性感染症を予防する効果はありません。コンドームが破れた・コンドームをつけていなかったという場合には、性感染症の検査も併せて行なったほうが良いでしょう。性感染症に関するご不安な点やご不明点は、診察時に医師にご相談ください。

・アフターピルは、妊娠の可能性がある性交渉の後に服用することで、避妊が成功する確率を高めます。これは、アフターピルに排卵の抑制や、排卵を遅らせる効果があるためです。しかし、アフターピルを服用した後に、避妊せずに性行為をすれば、アフターピルによって遅らせた排卵と重なり、妊娠してしまう可能性があります。そのため、アフターピルの服用後は、しっかりと避妊の確認ができるまで、コンドームを使用するなどして、適切に避妊を行なってください。

・薬の成分が母乳に移行してしまうため、授乳中の患者様は服用後24時間授乳を避けてください。

・性被害にあわれた場合は、警察に届け出をすることで、緊急避妊の費用が公費補助となる場合があります。警察に届け出をするかなども含めて、相談できる窓口(アイリスホットライン)があるため、該当される方はご確認ください。
>>性暴力等犯罪被害専用相談電話「アイリスホットライン」

よくあるご質問

アフターピルに関するよくある質問をご説明します。下記の質問以外にも、ご不明点などがありましたら、当クリニックまでお問い合わせください。

アフターピルの服用後は、いつ生理がきますか?
A.アフターピルは、服用のタイミングや生理周期などによって、次の生理の時期が変わってきます。そのため、一概にアフターピル服用後の生理の時期はお答えできません。ほとんどの場合、アフターピル服用後1〜2週間程度で出血しますが、この出血はアフターピルの作用によるもののため、通常の生理とは異なります。生理や出血のことで不安に感じられた方は、当クリニックまでご相談ください。
避妊に失敗してから72時間以上経過した場合、アフターピルの効果はありませんか?
A.海外製のアフターピルで、妊娠の可能性がある性交渉から72時間が経過した後でも、120時間以内に服用すればある程度の避妊効果が期待できるものがあります。しかし、性交渉から120時間を超えてからの服用には、避妊効果が保証されていません。そのため、避妊に失敗したことがわかったら、性交渉からの経過時間にかかわらず、できるだけ早くクリニックを受診し、専門の医師に相談してください。
アフターピルは薬局や通販で購入できますか?
A.アフターピルは、個人輸入のウェブサイトなど、インターネット通販で購入することは可能ですが、国内のドラッグストアなどでは購入できません。インターネット通販では、クリニックで処方されるアフターピルに比べて、安く購入できることがあります。しかし、製品の質を保証する責任がないため、悪質な個人輸入代行業者から購入すると、偽物をつかまされ、本来の避妊効果を得られないだけでなく、健康被害を招いてしまう場合もあります。また、個人輸入で入手した海外薬に対しては、医師や薬剤師でも十分な情報を持っておらず、なんらかのトラブルが起こった場合に、迅速な対応ができない可能性があります。このような理由から、アフターピルを通販で購入することはおすすめできません。避妊に失敗し、アフターピルが必要になった場合には、すみやかにクリニックを受診し、専門医と相談の上で、正規の薬を処方してもらいましょう。
アフターピルを服用できない人はどんな人ですか?
A.アフターピルが服用できないのは、下記に当てはまる方です。
・妊娠している方
・肝臓機能が低下している方
また、心臓や腎臓に病気をお持ちの方は、病状悪化の恐れがあるため、アフターピルを服用できない場合があります。当てはまる患者様は、診察時にあらかじめ医師にお申し出ください。
アフターピル服用後に消退出血がない場合、妊娠の可能性はありますか?
A.アフターピル服用後、早い方では3〜4日、遅い方でも3週間後には消退出血(生理に似た出血)が生じます。万が一、アフターピル服用後3週間経っても、消退出血が生じない場合には、妊娠している可能性があります。その際には、市販の妊娠検査薬を使用し、妊娠しているかの確認をしてください。また、消退出血だと思っていても、他の理由で生じた不正出血の場合や、妊娠初期の出血である可能性もあります。そのため、アフターピル服用後に出血があっても、生理周期を確認するようにし、異常がある場合には、クリニックを受診しましょう。
  • 低用量ピル

    低用量ピルには、望まない妊娠を避けるという本来の効能の他にも、生理痛の軽減・PMS(月経前症候群)の緩和など、女性に嬉しい効果が期待できます。

News

お知らせ

  • 2021/02/25

    子宮頸がんワクチン9価のお取扱いございます。

  • 2021/01/19

    2/10は臨時休診日、2/25は診療日となります。

  • 2021/01/15

    休診日も電話予約・お問合せを承ります。