性病検査【公式】大宮駅前婦人科クリニック|埼玉にある産婦人科レディースクリニック

性病検査

Std

性感染症(性病)の症状と注意点

性感染症(性病)は、性行為によって感染する病気のことです。細菌・ウイルス・原虫などが主な原因となります。男性よりも女性のほうが、性感染症にかかっても気づかないことが多く、知らない間に感染しているということもあり得ます。これは、女性の性感染症に目立った症状が現れにくいという特徴があるからです。

性感染症は、病気をパートナーに感染させる可能性があるだけでなく、骨盤内の炎症を引き起こし、慢性的な下腹部痛や不正出血の原因になることもあります。また、卵管が癒着するなどして、将来的に不妊症になる危険性もあります。

このようなことを防ぐためにも、性感染症は早期治療が大切です。性行為の機会がある女性は、性感染症検査を定期的に受けるようにしましょう。万が一性感染症にかかっていた場合には、早急に治療を開始することが重要です。また、性感染症の予防にはコンドームを使用してください。当クリニックでは、女性のお身体のお悩みを安心してご相談いただけるよう、プライバシーに配慮し、診察を行なっております。お身体の異変を少しでも感じられた場合は、お一人で悩まずに当クリニックまでご相談ください。

性感染症 病名一覧

淋菌感染症(淋病)

淋菌感染症(淋病)は、淋菌が原因で生じる性感染症です。男性が淋病を発症すると、出血や膿などの症状が見られ、強い痛みのある尿道炎を引き起こします。女性が淋病にかかると、おりものが増加する場合がありますが、特に目立った症状は現れないため、感染に気がつかないことも多いです。 淋菌感染症(淋病)が進行すると、卵管・子宮に炎症が広がり、下腹部痛や不正出血の原因となります。淋菌感染症(淋病)は、クラミジア感染症と併発することが多く、不妊症を発症する原因になる可能性があるため、注意が必要です。また、抗生物質の内服薬では耐性菌が多く、治療困難なため、通常注射・点滴で治療しなければなりません。症状がある場合には、早めに病院で検査を受け、早期治療を行なってください。

クラミジア感染症

性感染症には様々な種類がありますが、患者数がもっとも多いのはクラミジア感染症です。男性がクラミジア感染症にかかると、軽度の尿道炎を発症するため、ほとんどの場合感染に気がつきます。しかし、女性には目立った症状が現れにくいため、感染に気がつかないことが多いです。クラミジアは、フェラチオ・クンニリングスなどのオーラルセックスで喉に感染する場合もあります。卵管炎・子宮内膜炎が生じる原因にもなり、症状が重くなると、骨盤腹膜炎を起こしたり、肝臓周辺に炎症が広がることもあります。治療せずに放置しておくと、月経困難症や不妊症などを発症することもあり、様々な弊害が引き起こされます。抗生物質の服用でクラミジア感染症は治療できるため、定期的な検査を受け、早急に治療を開始するようにしましょう。

カンジダ症

腟カンジダ症は、腟内の常在菌(カンジダ属の真菌:カビの一種)が異常に増殖することで生じる腟の炎症です。もともと体内に存在している菌が原因のため、性行為をしなくても、風邪を引いた後や疲れ、免疫力が落ちているときに自然発症することがあります。また、抗生物質という種類の薬を使用した後に発症することもあります。およそ8割の女性が生涯で少なくとも1回は経験すると言われており、誰でも感染する起こる可能性がある病気です。カンジダ症の症状には、外陰部の強いかゆみ(外陰部カンジダ症)や、白く濁った酒粕やカッテージチーズのようなおりものが挙げられます。また、男性は症状が出ないことも多いですが、亀頭のただれやかゆみなどが生じる場合があります。腟剤や軟膏などを使用することで治療できるため、症状に気がついたらできるだけ早くクリニックを受診しましょう。

梅毒

梅毒は「梅毒トレポネーマ」が原因で生じる性感染症です。潜伏期間が長く、梅毒感染から3〜6週間で、陰部に硬いしこりができます。しこりは治療せずとも数週間で引いていくため、発症していることに気づかないこともあります。その後1〜3ヵ月程度で、手のひら・足の裏・陰部に発疹ができ、発熱や倦怠感を伴う場合もあります。梅毒は抗生物質の服用で治療可能ですが、抗生物質がなかった時代には、梅毒が進行して脳や神経が侵され、死に至ることもありました。そのため、不治の病というイメージがあり、恐れられていました。昔の病気と思われがちですが、近年では若い女性を中心として、感染者が増えています。

腟トリコモナス症

トリコモナスという「原虫」が原因で生じる性感染症が腟トリコモナス症です。性行為のみならず、下着・タオル・浴槽・便器を経由して感染することもあるため、性交渉の経験がない女性や幼児への感染も、可能性としてはあり得ます。男性がトリコモナスに感染した場合、尿道からの分泌物(膿)や、軽い排尿痛などが生じる可能性がありますが、無症状の場合がほとんどです。また、女性が感染した場合は、泡状で悪臭の強いおりものや、膣・外陰部の強いかゆみ・痛みなどが現れます。しかし、約20%の女性には症状が出ないと言われているため、感染に気がつかないこともあります。腟トリコモナス症は、放置していても自然治癒せず、治療を受けないで放置していると、不妊や流産の原因にもつながります。そのため、症状がなくても定期的な検査を受け、早期に治療を開始するようにしましょう。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは、性器周辺にできるヘルペスのことで、病変部と接触することでヘルペスウイルスが感染し発症します。性器ヘルペスのウイルス潜伏期間は3日〜1週間ほどで、男女ともに、痒みや軽度の発赤が発生したあと、小さな水疱が性器周辺にできます。その後水疱が破れ、潰瘍をつくります。こうなると強い痛みが現れることが多いです。性器ヘルペスは、一度感染してしまうと、ウイルスが神経節に潜むため、完全に排除することができません。免疫力が落ちたタイミングなどで、再発する可能性があります。しかし、性器ヘルペスは再発を抑える薬があるため、症状が出ないようにコントロールすることが可能です。性器ヘルペスの症状がある時期は、性交渉を控えるようにしてください。また、口唇周辺のヘルペスが性器に感染する場合もあるため、口の周辺にヘルペスが出ている場合には、オーラルセックスを避けましょう。口の中にヘルペスウイルスが感染すると、ヘルペス性口内炎が引き起こされる可能性があります。

HIV感染症

エイズの原因となるのが、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症です。HIVに感染してしまうと、免疫力が徐々に弱くなり、早期に治療を始めないと、数年〜10年ほどで、健康な人であればなんの問題もないような菌・ウイルスによってあらゆる病気を発症します。その他の性感染症にかかっていると、HIV感染率は数倍増加すると考えられています。「死」につながるイメージのあった病気ですが、今では適切な投薬治療により、通常の日常生活を続けられるようになっています。

B型肝炎(HBV感染症)

B型肝炎は、感染しても70〜80%の確率で症状が現れないため、感染したことに気がつかないことが多いです。食欲不振・発熱・黄疸・倦怠感などが生じる「急性肝炎」を発症しても、完治することがほとんどですが、感染者の10%ほどは「慢性肝炎」に進行し、肝臓がん・肝硬変の発症リスクが上昇すると言われています。慢性肝炎には、ほとんど目立った症状がなく、肝硬変に進行してしまうと治療ができなくなります。「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、病気の自覚症状が現れにくいのが肝臓です。そのため、性交渉の機会がある女性は、検査を定期的に受け、早期治療を始めるようにしてください。

C型肝炎(HCV感染症)

慢性肝炎・肝がん・肝硬変などに進行することもあるのが、C型肝炎です。自覚症状がほとんどないまま、病気が進行する可能性もあるため、B型肝炎同様、定期的な検査が重要です。

性病検査の料金(自費・税抜)

性感染症検査

クラミジア 4,000円
淋菌感染症(淋病) 4,000円
クラミジア+淋菌 5,000円
梅毒 1,500円
HIV(抗原抗体) 2,000円
おりもの検査
(トリコモナス、カンジダ等)
4,000円
B型肝炎 1,000円
C型肝炎 3,000円
単純ヘルペス 4,000円
梅毒・肝炎セット
梅毒・B型肝炎・C型肝炎
5,000円
性感染症検査セットA
頚管クラミジア・淋菌・トリコモナス・HIV・梅毒・B型肝炎
13,000円
性感染症検査セットB
頚管クラミジア・淋菌・HIV・梅毒
8,000円
性感染症検査セットC
頚管クラミジア・淋菌・トリコモナス
8,000円
性感染症検査セットD
クラミジア・淋病(頚管・咽頭)
9,000円

News

お知らせ

  • 2021/02/25

    子宮頸がんワクチン9価のお取扱いございます。

  • 2021/01/19

    2/10は臨時休診日、2/25は診療日となります。

  • 2021/01/15

    休診日も電話予約・お問合せを承ります。